丸善 PROFIT SaSami (プロフィット) ささみプロテインバー コンソメ味 1箱 (10袋入り) ×2箱

プロテインのダマができる原因と対策|防止する5つの方法

プロテインのダマ、あれをストレスに感じないトレーニーはかなり少数派でしょう。

どんなに美味しい味でもダマがあるだけで、あまり美味しさを感じなくなってしまうほど。

しかもダマの問題点は口当たりだけではありません

最近はプロテインメーカーの努力もあって、味だけでなく溶けやすさにもかなりの改善が見られます。

しかしぼくたちユーザー側もそれなりに注意して摂取しないと、せっかくの企業努力がムダになってしまうことに…。

このページでわかること

・口当たりだけではない。プロテインのダマの問題点

・プロテインのダマを防止、除去するための5つの方法

ダマを防止するべき理由

味がいくら美味しくてもダマがあるだけで美味しさは半減してしまいます。

ただダマを防止した方がいい理由は口当たりだけではありません。

それには大きく2つの理由があります。

1.コスパの問題

ダマは水に浮きやすいので、どうしてもシェイカーの内部に残りやすくなります。

大部分は溶けているのでタンパク質の摂取量にはそこまで問題はないかもしれません。

しかし1回は少なくても積み重なれば非常に大きな損失になるので、コスパの面で言うと問題です。

プロテインを買う時はタンパク質の含有率などに注意してコスパを判断しているはず。

1%の差まで厳密に計算していても、ダマで残ってしまった分の損失があってはコスパも何もありません。

プロテインは継続して飲むものだからこそ無駄なくコスパよく飲みたいものです。

2.吸収率の問題

ダマができてしまうと飲み口に出てきにくいので残りやすいですが、飲めたとしても問題があります。

それが吸収率です。

パウダーが均一に水に溶けていれば粒子が細かいので吸収しやすく、かつ素早く吸収することができます。

しかしダマはパウダーの塊なので、それがバラバラにならずに固まっていると分解や吸収がしずらくなる可能性が…。

これではホエイプロテインを飲んでいる意味がありません。

トレーニング後のゴールデンタイムの栄養ニーズに素早く効率的に応じるためにもダマは除去する必要があります。

1.シェイカーに入れる順番

シェイカーにプロテインと水のどちらから入れるか、その順番はダマのできやすさに関わる大事な要素です。

一般的なプロテインの説明書きには「プロテインに水または牛乳などを注いでシェイクする」とあります。

プロテインが先で水が後ということです。

しかしその通りにやるとシェイカーの底にプロテインが固まりやすくなります。

パウダーの上から水を注ぐと、水圧と水の重さでシェイカーの底に近いパウダーが押し固められてしまうからです。

対策は簡単で、水や牛乳の入ったシェイカーにプロテインを後から入れてシェイクするというように順番を逆転させましょう。

ジムに行くときにシェイカーにプロテインを入れて持ち歩くのが一般的ですが、これではダマができやすい順番です。

1回分だとしてもプロテインはシェイカーとは別に持ち運ぶのが、ダマの観点からも吉。

プロテインを小分けにして持ち運ぶメリットや方法はこちらのページで詳しく解説しています!

2.プロテインを一気に入れない

水を先にシェイカーに注ぎ、プロテインパウダーを後から入れる時、全部を一気に入れるとダマができやすくなります。

理由はイマイチ分かりません(笑)。

ただ過去の経験から大きめのスクープでドサッと一気にプロテインを入れた時ほどダマができやすいです。

摂取量が多いトレーニーには少々めんどうかもしれませんが、小さめのスプーンで何回かに分けてシェイカーに入れるようにしましょう。

ダマはストレスだから、ここまで手をかける価値があるはず!

恐らくは勢いよく多量のパウダーを入れることによって、下の方のパウダーにかかる圧が強くなり、押し固めてしまうためと思われます。

小分けにして入れる時もなるべくそっと入れるようにするのがコツです。

そしてシェイカーに水とプロテインを入れたらすぐにシェイクしましょう。

そのまま置いておくと水に触れた部分が固まってダマになります。

3.プロテインの量を減らす

中学校の理科の授業で、食塩水を使って水溶液の飽和という勉強をしたのを覚えているでしょうか?

温水にはかなりの量の塩が溶けるのに対し、水の温度が下がると溶ける塩の量が減ってくるというものです。

プロテインも同じく水溶液なので、水や牛乳などの温度が低すぎると溶けるプロテインの量が少なくなります。

結果として溶け残りがダマとして出てくることに。

その証拠に冷水や冷たい牛乳で作ると最初はダマができますが、暫く放置して温度が常温に近付くとダマはほとんどなくなります。

対策は2つ。

1つがシンプルに冷たいドリンクを使わないようにするというものです。

なるべく常温に近いドリンクでプロテインをシェイクしましょう。

生ぬるいプロテインはちょっとなあ…

そういう場合はプロテインを減らすかドリンクを増やすかして、相対的にプロテインの量を減らすのも1つの対策です。

ただ、それなりの量を飲むトレーニーが水分量を増やすのはちょっとキツイかもしれません。

しかもあまりに水が多いと消化液を薄めてしまい、吸収効率が下がったり消化不良を起こすリスクもあります。

味が薄くなりすぎても不味いしね…

4.溶けやすいプロテインを使う

ホエイプロテインと一口に言ってもメーカーや銘柄によって粉末の粘度(?)や溶けやすさはバラバラです。

ダマになりやすい・固まりやすいプロテインは粘度が高く、やや湿気が含んでいるような感じのもの。

その方がモッタリして美味しいんだけどね~

これまでの対策でも解消しないほど固まりやすい。

またはどの対策も採用できない、そんな場合には溶けやすいプロテインに変えるしかありません。

ぼくが過去に使用した中で最も溶けやすかったのがオプティマムニュートリションゴールドスタンダードです。

ダブルリッチチョコレート味 2.27㎏

ただし粉末がサラサラしているものは溶けやすい一方で分離もしやすい、飲んだ時粉っぽい感じがするというデメリットがあります。

砂っぽさも少なくしっかり溶けやすいのは国産ブランドのビーレジェンドプロテインです。

やや泡立ちに難がありますが、味も豊富でダマのストレスはほぼゼロです。

フレーバーごとのレビューやダマ・泡立ちについてはこちらのページでまとめて紹介しています!

5.シェイカーを変えてダマ対策

プロテインはコスパ重視で選んでいるから、なかなか銘柄を変えられないという人はシェイカーを変えるのがいいでしょう。

1.大きめのシェイカーを使う

まず基本的にシェイカーは大きめのものを使いましょう。

ジムワークは荷物も多いので、ただでさえ嵩張るシェイカーはなるべくコンパクトなものにしたいでしょう。

しかしシェイカーのダマを防止するためには底やフタに打ち付けられる力が強くなるよう、ある程度の余白が必要です。

1回のプロテインの摂取量が多く、それだけ水分量を多くして飽和させないようにしないといけない人はなおさら。

内容量が500mlを越え、1L近く入るようなプロテインシェイカーがあるのもこのためです。

1回で1Lも飲めってことじゃないよ!

容器が大きくなると中身が相対的に少なく見えやすいので、つい量が増えてしまいがちです。

水の量が増えてしまうだけなら薄くてマズくなるだけですが、プロテインを増やし過ぎるのはやや問題。

しっかり1回分を計量して、それだけを持ち運ぶようにしましょう。キッチンスケールもオススメですよ。

2.ダマ除去機能のあるシェイカーを使う

普通のプロテインシェイカーは容器とフタだけというシンプルな構造です。

しかし中にはダマを防止する構造がある製品もあります。

シェイカーの種類は沢山ありますが、ダマを防止する機能は以下の3パターンが主流です。

パウダーを後から入れるためにも予備のサプリメントを別に持ち運ぶケースが付属するタイプが便利です。

買い替えるこのタイミングでそのモデルを選ぶことをオススメします。

スプリングボールなどは機能的ですが、やや洗いにくい点がデメリットです。

ここで紹介するものは容量も大きめなので第1条件もクリアしています。

メッシュフィルタータイプ

フタの下に網目状のフィルター蓋がついていて、そこを通過するときにダマを細かくしてくれるタイプです。

570ml シンプルデザインにダマを砕くフィルター付き

スプリングタイプ

メッシュのフタの代わりにバネがついていて、それが伸び縮みすることでダマを除去します。

正直なところ、同じバネなら次に紹介するボールタイプの方がオススメです。

スプリングボールタイプ

最後に紹介するスプリングボールタイプは金属製のボールが付属し、それと一緒にシェイクすることでダマを除去します。

バネが球状なので内側を洗いにくいデメリットがありますが、浸け置きするか食洗機を使えば一発で解決です。

まとめ

プロテインのダマができる原因と対策について説明しました。

意外と単純なことですが、ここで紹介したことに気を付けることでダマをかなり防止することができます。

中には多少シェイカーの蓋や底に固まって残っても気にしないという方もいるかもしれません。

しかし1回が少量だったとしても積もると大きな損失で、かなりコスパを損なってしまう可能性があります。

どこまで対策するかはダマの口当たりの悪さやコスパの低下を許容できる程度によります。

ただどうせ飲むならおいしく飲んだほうがいいですし、継続して飲むサプリメントのコスパは維持した方がいいとぼくは思います。

飲めても吸収率が悪いしね!

ちなみに、プロテインを溶かす水の量を増やすという案は微妙なところ…。

水分が多くなると消化液が薄まり、プロテインの消化不良が起きる可能性があるからです。

トレーニーでもなるべく水分を少なく、ドロドロの状態で飲む人が多くいます。その方が腹持ちもしますよ!
てなとこで。