ニキビと腸内環境の悪化の関係|肌荒れは不吉の前兆

腸内環境の状態は全身に様々な症状として現れますが肌のコンディションもその1つです。

保湿や洗顔など、ちゃんと対策してるのにニキビができるなら、それは腸の不調が原因かもしれません。

毎日鏡で見る顔の皮膚などはその影響に気付き、腸のコンディションを観察する指標の1つと言えます。

老若男女問わず、見た目の印象を左右する肌はキレイに保ちたいものです。

腸内環境が悪化するとニキビをはじめとした皮膚の様々な不調を引き起こします。

このページでわかること

・腸内環境と肌の関係

・腸内環境から肌の老化を止めるアンチエイジングの方法

美容なんか男には関係ないね~

なんて人もいるでしょう。

しかし肌のキレイさは無意識に健康や有能さの判断基準にもされてるので、その影響はモテにとどまりません。

仕事での評価や昇進にも影響してくるとても重要なファクターです。

腸内環境の悪化によって肌に起きる症状

一口に肌荒れと言ってもその症状は様々です。

一般的に肌荒れと聞いてイメージするのはニキビなどの吹き出物でしょう。

腸内環境の悪化によってニキビなどができやすくなるのは確かですが、それだけにとどまりません。

腸内環境の悪化で肌に起きる症状

・ニキビ

・くすみ

・乾燥や脂性

・シワやたるみ

それぞれ腸内環境の悪化とどのような関係があるのか個別に解説します。

ニキビ

ニキビの原因は基本的にアクネ菌などの皮膚の常在菌の過剰な増殖です。

その菌の増殖の原因になるのが肌の細胞のターンオーバー(表皮細胞角化)の乱れ。

つまり古くなった皮膚の細胞が剥がれ落ちることなく表面に留まることで、毛穴を詰まらせてしまうのです。

腸内とターンオーバーの関係

では腸内細菌とターンオーバーの乱れにはどのような関係があるのでしょう?

それが腸内細菌が作り出した有毒物質の皮膚への蓄積です。

正常な腸内でも悪玉菌によるアミノ酸の分解などで有毒ガスは発生しています。

ただ善玉菌が腸壁を守る粘膜を生成しているので、それらの物質は腸に留まり適切に処理されます。

しかし腸内フローラが乱れ、有毒ガスが過剰になると同時に粘膜が減ると、腸内から血管などに漏れだしてしまうのです(リーキーガット)。

有毒物質の代謝は肝臓や腎臓が行いますが、フェノール類と言われる物質だけは肝臓より皮膚に溜まりやすいことが分かってます。

当然皮膚にそのままとどめておけないので、皮膚はフェノール類の代謝を優先。結果としてターンオーバーが後回しになるって仕組みです。

くすみの原因にも

ターンオーバーが乱れるということは古くなった皮膚細胞がいつまでも表面に残るってことです。

つまり死んだ細胞をまとってるようなもの。

死んだ細胞は水分やハリもなく色もかすんでいるので、くすみや化粧乗りの悪さにも繋がります。

また一生懸命に化粧水や美容液などを塗ってケアしてる人も多いでしょうが、肝心の本体に届かずムダになる可能性も…。

どうしてもターンオーバーが戻らないという人は究極の対症療法としてピーリングを定期的にしておきましょう。

免疫の影響も…

また皮膚の常在菌の異常な増殖は免疫機能の低下の現れでもあります。

この免疫機能の低下にも腸内環境の悪化が関係してるので、腸内の荒れは二重の意味でニキビの原因です。

免疫と腸内環境の関係について、詳しくは別のページで解説します。

準備中

乾燥や脂性

乾燥と脂性は真逆のことに見えますが、根本の原因は皮膚の乾燥です。

皮膚の内部の水分が失われたのを油分で補おうと過剰に皮脂を放出した結果が脂性だからです。

腸内で発生する有毒物質のフェノール類は角層の保水量にも影響を与えることが分かっています。

フェノール類が蓄積した皮膚は表皮細胞の面積が小さくなる、つまり形が崩れ隙間ができてしまうのです。

これには角層カテプシンL様活性を低下させる作用がフェノール類にあることが関係しています。

細かいことは覚えなくてもOK!

その隙間から水分が揮発して皮膚の保水力が落ち、乾燥してしまうって仕組みです。

さらにその乾燥によって脂性になると皮脂の過剰分泌が起きる、つまり常在菌のエサが過剰になります。

これもまたニキビを悪化させる要因の1つになるのです。

シワやたるみ

皮膚の保水力の低下、つまり乾燥は当然にシワの原因になります。

しかし本当に怖いのは活性酸素糖化の影響です。

活性酸素による老化

腸内環境がシワやたるみに影響する1つ目の要素が活性酸素です。

活性酸素と老化

アンチエイジングは活性酸素による酸化への対策から始まったとも言え、今や常識になりつつある老化現象です。

ぼくたちは生きるために空気中の酸素を取り込んでますが、そのうちの数%が反応性の強い活性酸素になります。

活性酸素は電荷が不安定なことによるその強い酸化作用で免疫として働くので、無くてはならないものです。

しかしその生成が過剰になると正常な細胞まで攻撃してしまい、肌のハリや潤いを奪い老化の原因になります。

過剰になる原因はハードな運動や睡眠不足など改善できる問題もありますが、影響が大きいのはやはりストレス

電磁波、紫外線、対人ストレスなどは影響が大きい上に対策が難しいです。

発生を抑えられない以上、発生した活性酸素をどうするかが重要になります。

酸化と腸内環境の関係

アンチエイジングの基本の抗酸化とは、この活性酸素による酸化反応を抑えること。

一番身近な方法が電荷を安定させる作用のある抗酸化物質を食品から取る方法です。

しかし食品からでは摂取効率が悪く、その効果自体に疑問の声も上がっています。

そこで重要なのが腸内環境です。腸の常在菌は抗酸化物質を作り出す働きもしています。

つまり腸内環境を整え、細菌の活動を活性化させることが抗酸化に繋がるってこと。

逆に腸内が荒れればこの働きは弱まり老化を促進ます。

糖化

糖化は最近酸化に続いて注目されるようになった老化現象です。

糖化とは

糖化(メイラード反応)とは身体で余った糖がタンパク質と結びつきAGEs(終末糖化産物)という老化物質を作り出す反応。

タンパク質を劣化させるので、シワやたるみなどハリのない皮膚を作り、老化の原因になります。

糖質制限のダイエット効果は薄く寿命を縮めると言われてますが、糖化を防ぐ意味で適正なレベルに糖質を控えるのは重要です。

腸内環境との関係

詳しくは腸内環境の悪化と糖尿病の関係のページで解説しますが、これは糖の代謝異常と関係してます。

インスリン抵抗性などで血中の糖の代謝が上手くいかなくなると、適切な量の糖質摂取でも糖が余り糖化が促進されます。

このインスリン抵抗性の発症に腸内フローラの乱れが関係してると言われてるのです。

準備中

ビタミンの合成の低下

ここまで肌の不調と腸内環境の関係について解説してきましたが、最もダイレクトなのがビタミンの不足です。

腸内細菌は食物繊維などを代謝して様々な物質を作り出しますが、ビタミンの生成もその1つ。

ビタミンB1、B2、B6、B12、K2、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンなどなど…。

この中でも特に肌に関わりが深いのがビタミンB2です。

エネルギーの生成や代謝に関わるビタミンで、皮膚細胞のターンオーバーにも大きく関わります。

美肌のビタミンとか言われるほどだよ!

ビタミンB2は水溶性のビタミンで体内に留めておくことが出来ません

豚肉などの食品からの摂取も必要ですが、常に摂るのは経済的にも脂質の種類的にも非現実的。

そもそも肉類の過剰摂取は腸内環境に悪影響。

腸内環境を整えて内部から生成するのが効率的です。

プロバイオティクス、プレバイオティクスで改善

腸内環境の改善のためには有用菌そのもの常在菌のエサになる食品の摂取が最も身近で簡単な方法です。

プロバイオティクスやプレバイオティクスを摂取する習慣がある人を対象に3週間断たせるという研究があります。

結果はたった3週間でフェノール類や角質細胞面積、表皮細胞角化、水分含有量など肌に関わるあらゆる指標が悪化しました。

逆にプロバイオティクスやプレバイオティクスを摂取させることで、これらの数値はプラセボ群より有意に改善したとのこと。

つまり腸内環境の改善が美容にも通じるってことが証明されたと言えます。

睡眠など基本的な生活習慣を整えた上でというのはもちろん大前提です。

(参考:ヤクルト本社中央研究所 腸内細菌学会 サイエンスリポート)

プロバイオティクスについてはこちらのページを参考にしてください。

準備中

プレバイオティクスについてはこちらのページを参考にしてください。

まとめ

腸内環境の悪化と肌荒れの関係について解説しました。

肌荒れと言うとニキビのイメージが強いですが、影響はそれだけにとどまりません。

美容や容姿に興味がないという人もいるでしょうが、肌は健康度を判断する身近なパラメータとして重要です。

身体の不調が真っ先に出る場所でもあるため、ここに不調が出たら他の疾患に黄色信号が灯ってるとも言えます。

関係については別のページで解説しますが、糖尿病などが最たる例です。

準備中

現代人にとって身近になり過ぎている糖尿病は平均寿命が健康な人より10年短い。

つまり寿命を10年も縮める病気と言っても過言ではありません。

こうした重篤な症状に陥る前に対策をするためにも肌の健康、そして腸の健康に日頃から気をつけていきたいものですね。

てなとこで。