なぜ人は太るのか?|糖質制限が誤解を生んでいる

ダイエット以前にそもそも何故太るのかちゃんと知ってますか?

もちろん!糖質を摂り過ぎてるからでしょ!

今や市民権どころかダイエットの王道という地位を獲得した糖質制限ですが、太るメカニズムから考えると本当にそれでいいのかと思います。

そもそも何故脂肪がつくのか、それも特定の場所(下っ腹とか二の腕)にばかりつくのかを知っている人がどれだけいるでしょうか?

このページでは私たちの身体が脂肪を蓄える(太る)メカニズムについて説明します。
少し難しい話にはなりますが、「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」です。

基本中の基本のはずでありながら、ほとんどの人が正確に知らないことをちゃんと学習することで、どんな行動を避け、どんな行動をとることがダイエットに最適か、メディアに踊らされることなく自力で判断できるようになります

脂肪には種類がある

あまり知られていないことですが、脂肪には2種類あるんですよ!

人間の身体には①褐色脂肪細胞と②白色脂肪細胞という2種類の脂肪細胞が存在します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は、脂肪という名称でありながらエネルギーの代謝作用がある細胞で、身体を痩せさせる働きをします。

褐色脂肪細胞が体内に多くあれば、代謝が向上しスリムな体型を保つことができますが、残念ながらこの細胞は加齢とともに減少してしまいます。

年齢を重ねるにつれ、昔よりも太りやすくなったと感じるのは、この細胞の減少が一因となっています。

白色脂肪細胞

この白色脂肪細胞が日常的に体脂肪と呼んでいるものです。
この細胞は長期保存のエネルギーの貯蔵の役割を果たします(エネルギー保存の長短については後で)。

貯蔵可能量と伸縮力がとても大きく、最大まで溜め込むと元の大きさの3倍にまで膨張します。
体脂肪が「つく」という表現が一般的ですが、新たな脂肪細胞が増えるわけではなく、この白色脂肪細胞が肥大しているというのが正確です。

二の腕に振袖(脂肪)ができる理由

前々から思ってたけど、二の腕(とかお尻)ばっかに脂肪がつくのは何でよ!?

ダイエット経験者であれば、なかなか脂肪が落ちない部分があるということに気付いているでしょう。

下腹部やお尻、二の腕などが代表的ですが、これは脂肪細胞の分布によるものです。

身体には様々な役割を担う細胞がありますが、それは決して全身に均等にあるわけではなく、それぞれの能力を発揮しやすい場所に多く存在しています。

それは白色脂肪細胞も例外ではなく、エネルギーの(長期)貯蔵という役割を果たすに当たって都合がいいため、つきやすく痩せにくいと言われている下腹やお尻という部位に多く分布しています。

また身体の他の部位に比べて体脂肪が目立つため、これらの部分を集中的に絞りたいと思う気持ちもわかりますが、全身の体脂肪から均等にエネルギーが使われるので部分痩せというものは存在しません

むしろ長期保存を目的として蓄えられているので落ちるのは最後
気にしすぎないのがモチベーション維持等の観点からも得策です。

元も子もないですが、他の部位より脂肪が多いんだから目立つのも仕方ない!

脂肪の材料は糖質?脂質?

白色脂肪細胞が取り込むことができるエネルギーの形はただ1つ、それは「中性脂肪」です。
つまり最も直接的な肥満の原因は脂肪分の摂取であると言えます。

じゃあ糖質制限は?

糖質制限は効果がないの?血糖値とかGI値は関係ないの?

半分正解で半分不正解

糖質制限はダイエットの1つの有効な手段ではあります。

しかし糖質のみが諸悪の根源であり、糖質制限のみが有効なダイエット手法であると一辺倒になるのは間違った考え方です。

エネルギーの保存期間

短期保存のプロセス

中性脂肪が体内に取り込まれると、脂肪酸グリセリンに分解されます。

グリセリンはさらにグルコースブドウ糖:エネルギーに変換しやすい形)に変えられて人体の活動に使われます。

使われなかったグルコースはグリコーゲンに変えられ、インスリンの作用により、肝臓や全身の筋肉に保存されます。

エネルギーに戻しやすい形で保存されており、必要になったエネルギーをすぐに供給しやすい、短期のエネルギー需要に備えているため短期保存と言います。

長期保存への移行

肝臓や筋肉のキャパシティは大きくなく、あくまで一時保存として機能していることから、当分エネルギーが使われないと判断されると長期保存に移行します。

これが先述した白色脂肪細胞への中性脂肪の貯蓄です。

血中のグルコースや肝臓・筋肉内で短期保存されていたグリコーゲンはグリセリンに戻され、脂肪酸と再合成されて中性脂肪となり、全身の白色脂肪細胞の中に蓄えられます。

肝臓や筋肉に蓄えられた短期保存分が優先して使われるため、一旦貯蔵されると分解されくいという特徴があります。

糖質制限はダイエットの一手段になる

ではお待ちかね、糖質制限のダイエット効果について!
結論だけ言えば、効果はあるよ

脂肪の材料は中性脂肪と説明しましたが、糖質制限が無意味というわけではありません。

中性脂肪の原料にグルコース(ブドウ糖)が登場した時点で、ダイエットの勉強をしている人なら気付いたかもしれません。

そう、糖質は体内でグルコースに分解されて、活動のエネルギーになります。

また、グルコースを変換したグリコーゲンは脂肪酸の材料でもあるため、使われなかった糖質も最終的には中性脂肪に合成し直されて体脂肪になります。

糖質もめぐりめぐって脂肪になるということです。

つまり糖質の摂りすぎも肥満の一因であり、糖質を適正な量に抑える分には糖質制限にもダイエット効果があるということです。

まとめ|
「糖質以外は何でもOK」ではない

太るメカニズムについてでした。

最後に糖質制限を肯定しましたが、ぼくは糖質制限をオススメしたいわけではありません。

むしろ肥満メカニズムに関する正しい知識を身につけることで、糖質制限一辺倒の思想を打破し、皆さんがダイエットに失敗することを防ぐことが目的です。

最近では極端な糖質制限を推奨している医師がメディアで取り上げられることが頻繁にあります。

頭を使う必要がないからズボラさんたちにはウケるよね

肉食ダイエットは?

肉食ダイエットも糖質制限ってテレビでやってたけど、あれはどうなのかな?

肉だけを多量に食べるのは難しく、ご飯も食べなくなった分食事量も減少するため、痩せるのはある意味当然でしょう。

「糖質を食べていなかったから」ではありません。

効果があるどころか動物性タンパクは中性脂肪も多く含んでいるため、むしろ肥満への近道です。

減少したカロリーを補うように代謝の低下、そして体脂肪の増加が待っています。

肉に含まれるコレステロールや、食物繊維の不足により健康を害する可能性すらあります。

マヨネーズでダイエット?

糖質制限ブーム以前はあれほど敵視していた脂質を全く問題ないとする風潮すらあります。

脂質も全く不要な栄養素ではない」の拡大解釈も手伝って、糖質が少ないからケチャップよりマヨネーズの方が好ましい等。

ひと昔前では考えられない方法がテレビで大々的に取り上げられています。

ここで紹介した知識があったら低糖質だろうと高脂質であれば太ると自分で判断して、こんなバカげた理論を堂々語る医者が間抜けに見えることでしょう。

結局は基本的なこと

目新しさは何もありませんが、痩せたい時も食事はバランスが基本です。

ここで紹介したことを参考にして脂肪をつけやすい食事を避け、脂肪を燃焼する方法を模索してもらえれば幸いです。
てなとこで。